顔汗の悩み

顔汗対策におすすめの薬局で買える商品

顔汗対策に近所の薬局でも購入できる商品を調べてみました。例えば漢方とか薬とか、制汗シートなど、近所の薬局でも手に入る顔汗対策用グッズは結構あります。

 

そのようなグッズを利用して顔汗を対策してみるのも有効な方法ですよ。

 

近所の薬局で手に入る、お勧めの漢方

漢方の置いてある薬局やドラッグストアのみとなってしまいますが、汗予防に漢方をと考えている方には以下のものがおすすめです。

 

柴胡桂枝湯(さいこけいしかんきょうとう)自律神経の乱れに有効、ストレスや不安感からくる顔汗がひどいときに有効

 

黄連解毒湯(おうれんげどうくう)不眠、イライラ、頭痛、耳鳴りなどに有効。顔汗からこのような症状が出る場合におすすめ

 

炙甘草湯(しゃかんぞうとう)冷や汗などに効く

 

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)寝汗がひどかったり、じとじとした汗が出る場合

 

制汗シート

制汗シートも近所の薬局で手に入る顔汗対策グッズになります。値段も安い物だと200円くらいで売っているので、とてもリーズナブルでコストパフォーマンスが良いです。

 

制汗シートを使う前はタオルなどで余分な汗をふき取ると、より制汗シートの成分が顔の中に浸透しやすくなります。

 

外出時などはこまめに使うようにすることで、汗のにおい菌の増殖も抑えることができますよ。

 

ミョウバン水

最近の薬局は薬だけでなく食料品や日用品まで幅広く販売されています。ミョウバン水は家でも手軽に作ることが可能ですが、そのもととなるミョウバンが置いてある薬局やドラッグストアも多いでしょう。

 

ミョウバンならスーパーなどにも置いてあることが多いので、探してみて下さいね。

 

ミョウバン水の作り方

ミョウバンを大さじ2杯程度(20~25g)と水を500ml用意してよく混ぜます。よくかき混ぜて、冷蔵庫の中に1日か2日くらい保存しておきます。

 

使うときはこれを10倍にうすめて霧吹きなどで吹きかけて使います。使用してみて肌に異常を感じる場合は使用するのをやめましょう。

 

ミョウバン水に関しては以下の記事でも触れていますのでご覧ください。

汗対策は万全ですか?

顔汗を抑える方法として薬局で買える商品はこのようなものがあります。その他にもガーゼなどのハンカチであったり、汗を抑える洗顔料なども薬局に売っている場合があります。

 

薬局やドラッグストアなどを利用しなくても自分でできる手軽な方法としては半側発汗という胸のあたりを強く締め付ける方法や、適度な運動、充分な睡眠といった生活習慣の改善なども大切な顔汗対策になります。

 

半側発汗に関しての詳しい説明は以下を参考にしてください。

 

特に運動は適切な汗を適切な量出すためには有効ですし、運動不足で太っている場合は体の熱が外に逃げにくくなってしまうため余計に汗をかきやすくなってしまいます。

 

ダイエット効果もあり、健康にもつながる運動習慣はぜひ身につけたいですね。