顔汗の悩み

電車で顔汗がひどい人に見てほしい、顔汗の原因と対策

暑い夏の日、電車の中で汗をかいてしまうと、メイクはぐちゃぐちゃになったり、汗のにおいで周りに迷惑をかけたりしないか気になってしまいませんか?とくに気になるのが一番かきたくない場所である「顔の汗」。電車の中でかく顔汗の悩みは深刻です。

 

汗をかきすぎると清潔感がないように思われてしまうので、通勤の時間が憂鬱になってしまいます。顔汗を止める方法を身に着け電車の中でも汗がでないようにしたいですよね。

 

今回は、汗をかく3つの理由や、電車の中で汗が出ないように顔汗を止める方法を紹介します。汗をかかない方法を知って、夏の暑い電車の中を乗り切りましょう!

 

顔に汗をかく原因

まずは汗の種類をご紹介いたします。汗には主に3つの発汗作用があります。

顔汗の種類その1 温熱性発汗

まず1つ目は温熱性発汗と呼ばれる発汗作用です。温熱性発汗は、体温が上昇した時や、気温が上がった時、運動したときなどにかく汗で、人間の生理的現象で起こる発汗作用です。

 

体温が上昇すると、脳は体を守るために汗を出して体の体温を下げるように命令を出します。汗は打ち水のような効果があり、汗が蒸発するときの気化熱で体温を調整することができるのです。

 

暑いのに汗をかかなくなってしまったら、熱が体の中にこもってしまいます。特に脳は熱に大変弱いので、脳に近い顔の部分は体以上に汗をかいて温度を必死に下げようとします。

 

そのため顔汗は他の部分汗よりもたいへんかきやすくなるのです。

 

顔汗の種類その2 精神性発汗

2つ目の汗の種類は精神性発汗と呼ばれるものです。精神性発汗は、精神的な変化に応じて出る汗です。恐怖や緊張、興奮することによる精神的なストレスによって瞬時に発汗します。

 

精神性発汗は、顔だけでなく、手のひらや、足の裏、脇などの限られた部位で汗をかくのが特徴です。

 

顔汗の種類その3 味覚性発汗

味覚性発汗と呼ばれる発汗作用も汗が噴き出す原因の1つです。味覚性発汗の特徴は、辛い物や酸っぱいものを食べた時に、頭皮や顔面などの上半身に発汗します。

 

こちらに関しては、電車の中で辛い物や酸っぱい物などを食べない限りはなかなか発汗しないと思いますので、電車の中で顔汗をかく原因は、温熱性発汗か精神性発汗が多いでしょう。

 

電車の中でも大丈夫!顔汗を止めるのにおすすめ4つの方法

電車の中で汗がでて慌てないようにするために、電車の中での顔汗を止める方法についてご紹介します。

 

電車の中の汗対策その1 時間に余裕を持つ

電車はバスと違い、定刻通りにやってきて、定刻になったらドアが閉まり発車します。日本の電車は諸外国の電車に比べて定刻通りに運行しています。電車は待ってくれません。1分でも遅れてしまったら乗り遅れてしまいます。

 

しかし朝寝坊などで家に出るのが遅れてしまうと電車の時間に間に合わせようと、必死に走らなければなりません。

 

ここがポイントで電車に乗り遅れないようにと急いで走ることで、体温が急上昇してしまいます。体温が上がると汗をかきやすくなってしまうので、顔汗も出やすくなってしまいます。

 

また電車に乗り遅れそうになって走ったり速足になったりすることで、精神的にも余裕がなくなってきます。走ったり速足をすることによっておこる温熱性発汗だけでなく、精神性発汗による汗も出てきます。

 

これを防ぐためには時間に余裕をもって行動することが必要です。

 

電車の中の汗対策その2 首回り・脇の下を冷やす。

電車の中で汗が噴き出す人は、電車の中で首回りや脇の下を冷やしてみましょう。

 

首の後ろや脇の下は太い血管が通っているので、これらの部位を冷やすと一気に体の熱を下げることができます。冷却シートや冷たいペットボトルなどを活用し、しばらく冷やしてみましょう。

 

保冷剤をハンカチ等でくるんで首の後ろに忍ばせておくというのもおすすめの方法ですよ。

 

電車の中の汗対策その3 焦らない気持ちを持つ。

汗をかかないようにするためには、「気にしない」という気持ちを持つということも大切です。

 

「汗をかきたくない」と思えば思うほど、気持ちが焦ったり、ストレスがたまったりして汗をかく原因になります。

 

電車の中ではリラックスし、心に余裕を持つことで汗をかくのを抑えることができるでしょう。

 

大量の顔汗をかくのはそれ相応の原因があります。以下の記事では、その原因について紹介しています。参考にしてください。

 

電車の中の汗対策その4 制汗剤を使用する

顔汗を抑えるために制汗剤を使用するというのも一つの方法です。最近では顔汗専用の制汗剤も発売されていますので、顔汗用に作られた制汗剤を使用するのもおすすめです。

 

ハンカチなどを持参するのも有効ですが、汗が出た都度拭くのも結構手間ですし、せっかくのメイクが落ちてしまいかねませんし、電車の中でハンカチを取り出して顔汗を拭くのもちょっと恥ずかしいですよね。

 

私自身も顔汗はひどいほうなので、実際に顔汗用制汗剤を使っています。

 

ちなみに私が使っている制汗剤は、サラフェプラスという日本で初めて開発された顔汗用の制汗剤です。顔汗用の制汗剤は他の部位の制汗剤に比べると、顔というデリケートな部分に使う制汗剤のためか、値段がちょっと高い傾向にあります。

 

サラフェプラスは高い顔汗用制汗剤の中でも比較的安価なのが私が使っている理由です。もちろん効果の方もしっかり効いてくれています。

 

電車の中で顔汗がいつもひどく噴き出してきてしまい、悩んでいるという人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

↓私のおすすめサラフェプラスは以下のボタンより購入できます。↓

>>>サラフェプラスの公式サイトはココをクリック!

 

このサイトではサラフェプラス以外にも私のおすすめの顔汗用制汗剤について紹介している記事もあります。もっといろいろな制汗剤を知りたいというあなたは、以下のページもごらんください。

 

事前に対策することが大切

電車の中で滝のように汗をダラダラ流していると、周囲の視線を一身に浴びてしまうこともあります。

 

顔は心臓から近く汗腺も多いので、汗をかきやすい部位となっています。

 

全身の汗腺の動きが弱まっていると顔に集中して汗をかきやすくなってしまうので、日頃から運動して良い汗をかくことが大切です。

 

顔汗は事前にしっかり対策することで、電車の中でも汗をかかないようになります。