顔汗の悩み

顔の汗がすごい人にはいろいろと原因がある

通勤電車に乗っているだけなのに、顔汗がすごくてタオルが欠かせないという女性も多いようです。

 

汗が多いのは代謝が良いからなんて言われていますが、あまりにも酷い場合は他の原因が隠れている可能性があります。

 

そこで今回は顔汗の原因について考えてみましょう。

 

また、予防方法についても詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

ただの汗っかきではない可能性もある

顔汗がすごい人は昔から汗っかきだと自覚のある人も多いようです。

 

ただの汗っかきであれば、気温が高いシーズンのみを乗り越えれば良いのですが、中には年中汗をよくかくという人もいますが、日常生活に異常をきたすほど年中汗をよくかくという人の場合ただの汗っかきと楽観できないかもしれません。

 

例えば、甲状腺の病気ですと汗をよくかくようになりますし、若年性更年期障害ですとホットフラッシュと呼ばれるのぼせのような症状が出てくることもあるでしょう。

 

ホットフラッシュに関してはこちらの記事でも書いていますので、ご参照ください。

 

自律神経が乱れるだけでも顔汗がすごくなることがあります。汗一つですが、病気が隠れていることもありますので、汗のかき方に注目してください。

 

たとえば通勤電車など混雑している場所や、運動をした後などは誰でも汗をかくでしょう。

 

しかし、汗をかくような気温ではない時にかくようでしたら、他の原因が隠れているかもしれませんので注意が必要です。

 

以下の記事では顔汗の原因だけでなく、対策についても紹介していますので、ご参照ください。

 

若い女性に多い自律神経失調症

私たちの体は脳からの信号によって動かされています。

 

汗もその一つなのですが、自律神経が乱れてしまうと汗の分泌量が一気に増えてしまうことがあるのです。

 

例えば、緊張した時などは手や顔に汗をかきやすいと言われていますが、これも自律神経が影響しています。自律神経が乱れる原因は様々ですが、一番多い原因がストレスだと言われているのです。

 

社会で働く人にとって、ストレスは切っても切り離せるものではありません。適度に発散できている人であれば問題ありませんが、ストレスを溜め込みやすい人は注意が必要です。

 

顔汗もストレスが溜まった一つのサインかもしれません。

 

ストレス解消のポイント

・1日のうち5分でもいいから一人になる時間をつくる。

・自分が楽しめる趣味を持つ。

・30分程度の有酸素運動をする。

 

ストレスは顔汗を発生させる要因なだけでなく、健康などにも悪影響です。適度に発散するようにしましょう。

 

顔汗の予防にミョウバン水がおすすめ

「顔 汗」とネットで検索してここにたどり着いた人もいるかもしれませんので、顔汗を抑える方法についても触れておきましょう。

 

まず、汗を抑えるといった時に真っ先に想像するのが制汗剤ではないでしょうか。

 

しかし顔に制汗剤を吹き付けるのは無理な話です。

 

顔汗専用の制汗パウダーなどを使用することで抑えることが可能ですが、少々値段が高いのが気になります。

 

そこで手軽に使用でき、コストパフォーマンスが高いものとしてミョウバン水をおすすめします。

 

材料は焼きミョウバンと水だけです。

 

ミョウバンはドラッグストアやスーパーなどで手に入る上に100円程度で購入することができるのです。

 

もちろんドラッグストアやスーパー以外でもインターネット通販サイトの楽天やアマゾンでもミョウバンは購入することができます。(購入を考えている方はこちらをクリック

 

ミョウバン水には汗を抑える効果だけではなく毛穴を引き締める効果もありますので、夏のお供に是非活用してみてください。

 

健康的な生活を送ることも大切

汗の分泌量が多くなったと感じた時は、代謝機能に何らかの問題が生じていることが考えられます。そのような時は、健康的な生活を送ることが大切です。

 

栄養バランスの良い食事と休息、さらにストレスを溜め込まないように注意しましょう。

 

シーズン問わず汗が多いと感じた時は、何らかの病気が隠れているかもしれませんので、一度病院で相談してみてください。