顔汗の悩み

顔の汗の原因を知って、抑えるための対策方法

顔汗に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。

 

ベタベタして不快なだけではなく、メイクが崩れるという問題も生じます。

 

顔汗の原因は様々です。自分の顔汗の原因をきちんと特定して汗を抑えるための適切な対策を行い、悩みを解消させましょう。

 

メイク崩れの問題は、スキンケア方法やメイク方法を工夫することで解決させることが出来ます。

 

顔汗の原因

顔 汗の種類は大きく分けて3種類です。

 

運動時や入浴時など体温が上昇したときにかく温熱性発汗、辛い食べ物を食べたときの刺激によってかく味覚性発汗、ストレスや不安や緊張などの精神的な作用によってかく精神性発汗の3つに分類されます。

 

味覚性発汗は一過性のものですので、刺激を感じなくなれば自然と汗も止まります。

 

体温調節のための温熱性発汗は、健康な人なら誰にでも起こり得るものです。

 

厄介なのが、精神性発汗です。

 

精神的な作用による発汗なので、季節を問わず常に悩まされるものです。

 

顔汗を止めるための対策

温熱性発汗の場合は、エアコンや扇風機で室内の温度を下げる、首や脇の下や脚の付け根などを冷やして体温を下げる、冷たい飲み物を飲むなどの対策方法が有効です。

 

体温が下がれば汗を止めることが出来ます。

 

体温の上昇を抑えるために、通気性に優れた涼しい服装をするというのも効果的です。

 

精神性発汗の対策としては、自律神経の乱れを整えて精神を穏やかに保つことが重要なポイントとなります。

 

顔だけではなく、脇や手や頭からも大量の汗が分泌されます。汗を大量にかいているということに対してストレスや焦りを感じ、さらに発汗するという悪循環に陥ることもあります。

 

健康的で規則正しい生活習慣を身につけて自律神経の乱れを整える努力をしましょう。

 

制汗剤を使う

もちろん上記の方法は有効なのですが、結果が出るまでに時間がかかってしまうというデメリットもあります。

 

もしも緊急で必要という場合は、制汗剤の使用も考えてみましょう。

 

制汗剤といえば、脇の汗専用のものが多く見られますが、顔汗専用の制汗剤もあります。

 

そのような顔汗専用の制汗剤を使っていくというのもとても有効な方法になります。

 

かくいう私も顔汗に悩む一人の女性です。以下のリンク先では、私が普段愛用している制汗剤のレビューを紹介していますので、制汗剤を探しているという人は見てみてくださいね。

 

メイク崩れを防ぐ方法

顔汗がひどいとメイクが汚く崩れてしまいますので、スキンケアとメイクアップの方法を工夫して汗に強い顔をつくりましょう。

 

スキンケアにおいて工夫すべきこととしては、ふき取り化粧水やブースターを使用して角質を柔らかく滑らかに整える、収れん化粧水を使用して毛穴を引き締める、仕上げに使う乳液やクリームはつけ過ぎないなどがあります。

 

乳液やクリームをつけ過ぎるとファンデーションがよれたり崩れたりしやすくなりますので、ティッシュで軽くオフしておきましょう。

 

メイクアップにおいて心がけるべきことは、ファンデーションの厚塗りをしないということです。

 

ファンデーションの厚塗りを避けるために、コンシーラーやコントロールカラーで肌の欠点をカバーしておくのが良いでしょう。

 

化粧下地とファンデーションは、薄く均一に塗るのが鉄則です。仕上げにパウダーを馴染ませれば完璧です。

 

きちんとした対策をすれば顔汗の悩みは解消することが出来る

顔汗の悩みは、積極的な対策に努めることで解消することが出来ます。

 

温熱性発汗の対策として体温を下げる工夫をする、精神性発汗の対策として自律神経の乱れを整える、スキンケアの方法とメイクアップの方法を工夫してメイク崩れを防ぐなどがそれにあたります。

 

顔汗の原因や止めるための適切な対策を知っておけば、汗をたくさんかく夏場も怖くありません。