顔汗の悩み

頭の汗を止める対策

夏と言えば気になるのは汗。特に頭の汗は女性にとっては大敵です。

 

メイクは崩れてしまうし、何より汗だくの姿は恥ずかしいですよね。

 

かと言って頭や顔には強い制汗剤を付けることも出来ないため、気になりつつも対策を打つことが出来ずに、汗だくのまま嫌な気分で夏を過ごしてきた人も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな気になる顔や頭からの汗対策の中でも、制汗剤を使わずに汗を止める方法をご紹介します。

 

舞妓さんは顔からの汗をかいてない!?

美しい化粧と着物で身を包み、いつも凛とした姿の舞妓さんは男女問わず憧れる人は多いでしょう。

 

しかし良く考えると、彼女たちの服装はどう考えても暑いはずですよね。

 

でも舞妓さんが汗だくで化粧が落ちている姿を見た人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

その理由は彼女たちが胸周りに巻いたキツイ帯にあります。

 

実は、あのキツイ帯のおかげで頭 汗を抑えているのです。

 

これは半側発汗と呼ばれる現象で、一側の側胸部を圧迫すると圧迫側の汗が抑制されて、反対側の汗が増えるという人体の反射を利用した汗止め対策なのです。

 

あくまで汗を抑制する方法であって、完全に止める方法と言うわけではありませんが、側胸部を圧迫するだけで顔や頭の汗が抑えられるという手軽な方法なので、誰でも安価で簡単に行えます。

 

圧迫すると効果の高い部分にでっぱりのついた帯など、汗を止めるための帯も各種販売されています。

 

半側発汗を利用した制汗方法のデメリットは?

半側発汗を利用した制汗方法の場合、まずは若干の痛みと苦しさを感じてしまうことがデメリットとなります。

 

効果を得るためには常に側胸部を何らかの方法で圧迫し続けなければならないため、人によっては不快感を感じてしまうかもしれません。

 

かと言って圧迫を緩めてしまえば効果は無くなってしまいます。

 

次のデメリットは圧迫によって顔や頭の汗が抑制されると同時に、その反対側の下半身部分の汗は増えてしまうということです。

 

人によっては下半身の汗が増えてしまう方が不快を感じるという場合もあるので、この点にも注意が必要となります。

 

これらのデメリットを認識した上で、この制汗方法を使うかどうかを判断する必要があるでしょう。

 

とはいえ上記でも書いたように、半側発汗は痛みを伴ったり、不快感を感じたりします。人によってはどうしてもそれが苦痛だという場合もあるでしょう。

 

そのような場合は、制汗剤の使用をおすすめします。

 

最近では肌に優しい成分で作られた制汗剤も多く発売されていますので、敏感肌の人はそのような肌に優しい制汗剤を選んで使ってみましょう。

 

以下のリンク先では、私が日常使いしている制汗剤のレビューを紹介しています。肌にも優しいので敏感肌の人にもおすすめです。

 

半側発汗のおすすめ

今回ご紹介した半側発汗を利用した方法なら利用シーンを選ばずに、顔や頭からの汗を抑制してくれるでしょう。

 

お金もほとんどかかりませんし、薬品を使うわけでもありませんから、これまで顔と頭の汗対策に困っていて、夏が来るのが憂鬱だった方は、ぜひこの制汗方法を一度試してみてください。