顔汗の悩み

頭の汗の基礎知識

発汗は体のどの部位でも起こる生理現象です。頭も汗をかきますが、髪の毛があるので他の部位のように少量でもしずくが垂れるような分かりやすい現象は起きません。

 

しかし、頭の汗は放置すると不潔な状態になり、毛穴の炎症から抜け毛に至る可能性もあります。

 

発汗が原因の肌トラブルについて学び、頭の汗によるトラブルを未然に防ぐことを心がけましょう。

汗の放置は不潔な状態を招く

気温の上昇や極度の緊張などで汗をかくのは誰にでも起こる生理現象ですが、分泌された汗を放置するのは不潔な状態を招きます。

 

汗には皮脂や垢などの汚れが混在していますが、これらの汚れは表皮に付着している雑菌のエサになります。雑菌が汚れをエサとして分解する際に生じるガスが俗に汗臭いと称される臭気です。

 

また、汗が蒸発して汚れだけが表皮に残った状態になるとベタつき、かゆみや炎症を引き起こすこともあります。

 

汗による汚れは様々な不具合を引き起こすので、速やかに解消するのが健やかに暮らすための重要な条件です。

頭が汗で濡れた時はヘアケアも必要

頭の汗は髪の毛に絡みつくので、肌に出る汗のようにしずくになって垂れることは多くありません。

 

少し気温が上昇した程度の発汗ではわずかに髪の毛を湿らせる程度ですが、発汗量に関係無く皮脂や垢などの汚れが髪の毛に絡みついてしまいます。

 

汚れが付着した髪の毛は非常に不潔な状態になり、悪臭やパサつきなど目立ったトラブルを引き起こします。

 

ヘアスタイルが崩れる原因にもなるので、頭の汗が出た場合はすぐに洗髪して汚れを取り除くことが大切です。

 

髪の毛は汚れが付くと表面のキューティクルが傷つき、枝毛などの不具合を引き起こします。

 

洗髪と併せてヘアケアも行い、良好な状態を維持するのが汗によるトラブルを未然に防ぐための工夫です。

 

ヘアケアの他、余計な発汗を抑えるのも髪の毛を守るための条件です。

 

頭の汗は温度の上昇や強い日差しに長時間当たることで発生するので、通気性の良い帽子を被ったり、制汗効果のあるヘアスプレーを使うなどの工夫が効果的な対処法になります。

 

また、刺激の強い飲食物は発汗を促すので避ける他、緊張による発汗を防ぐためにリラックスした状態を保つのも良い方法です。

 

頭の汗を止めるための対策は以下の記事でも紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

頭の汗は暮らしの中の工夫で防ぐことが出来る

頭の汗による髪の毛の汚れはヘアスタイルに気を配っている人には大きな悩みです。

 

効果的な対処法である洗髪も頻繁に行うのは難しいので、暮らしの中で発汗を抑える工夫を施すことが重要になります。

 

発汗量は体質も大きく影響していることから、自身の体質を正しく把握するのが効果的に発汗を抑えるためのポイントです。

 

また、刺激物の摂取や直射日光を避けるなど、簡単な対処を欠かさず行うのも余計な汗をかかない工夫になります。