顔汗の悩み

ニオイにつながる 首汗を対策する方法

猛暑が続く日本では冷房が効いている室内では問題が無いにしても、外を少し歩くだけで汗をかいてしまう人は少なくありません。

 

電車に乗るために駅まで歩くと、その道程で日差しを浴びて、首汗をたくさんかいてしまった苦い経験がある人もいます。

 

電車に乗ったときに首汗に困らなくて済むためには、どのような対策が効果的なのでしょうか。

 

首汗を対策するための方法3選

私自身汗っかき体質で、特に夏場は顔汗だけでなく首汗がひどく、あせもが出来てしまいます。

 

この記事では、私が実際に行っている首汗対策についてご紹介したいと思います。ぜひ参考にして夏の首汗対策に活用してみてくださいね。

 

首汗を吸収するアイテムを身に着ける

通勤ラッシュの満員電車などで首 汗が流れてしまうと、ハンカチやタオルで簡単に拭くことが出来ない場合もあります。

 

首汗で衣類や髪の毛が濡れてしまうと、自分自身が不快な思いをするだけでなく、乗車している周囲の人にも嫌な思いをさせていないか不安になる場合もあるのです。

 

日差しが強い暑い日は汗をかいてしまう事が多い為、出かける際には冷却素材で作られたスカーフを巻いたり保冷ジェルを入れた布を首に巻いておけば、汗が流れ落ちてしまうことを防ぐだけではなく、身体を冷却してくれる効果も期待できるのです。

 

冷却スプレーで身体を冷やす

大量の汗をかきやすい時期には汗で衣類などが濡れることはもちろんのこと、汗によって体臭が心配になる人も少なくありません。

 

通勤途中や外出時などにおいては、暑さで汗をかいたり身体が熱くなっても簡単に着替えられないことも多いのです。

 

たとえば外に出て日差しを浴びる前に、服の上からでもスプレーできる商品を使用することも一つの方法です。

 

脇や襟周りなど汗をかきやすい場所にスプレーをすると、冷却作用で身体を冷やしてくれると同時に、微香タイプであれば臭いへの不安も軽減します。

 

制汗作用があるクリームで汗を抑える

脇や首など多量の汗が出てしまう気になる部位があれば、その部位に使用できる制汗クリームやデオドラントスプレーを塗布することも対策の一つです。

 

制汗クリームは外出前にさっと塗るだけで済むタイプのクリームも多く、塗布するだけで気になる首 汗を抑えてくれる効果が期待できます。

 

制汗作用のあるクリームやデオドラントスプレーなどで発汗自体を抑え、さらに冷却効果があるスカーフを巻いたり冷却スプレーなどを使用することで、身体を冷やす対策を行えばより安心です。

 

ちなみに以下のリンク先では、私が普段使っている制汗剤についてのレビューを紹介しています。顔汗用の制汗剤ですが、顔汗以外にも使える便利な商品です。制汗剤を探しているという場合は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

首汗対策は効果が期待できるアイテムを活用する

満員電車の中で首汗をかいて困ってしまわない対策としては、首回りを冷却すると同時に冷却効果も期待できる冷却素材で作られたスカーフなどを使用する方法があります。

 

冷却スカーフを巻いておけば汗をかいてもスカーフが吸収してくれるため流れ落ちる心配はありません。

 

その他にも衣類の上から冷却効果のあるスプレーをふったり、制汗作用のあるクリームやデオドラントスプレーを外出前に塗ることで首汗を抑える効果が期待できます。