顔汗の悩み

顔汗は暑いだけが原因ではない?!もしかしたら病気かも・・・

顔汗に限らず汗は暑いときにだけ出るわけではありません。

 

 

運動をしたり、からいものを食べたりする時にも出ますが、それ以外になんともないときに出る場合があります。

 

 

しかし何でもない時に出る顔汗、もしかしたら病気が原因の場合があるかもしれません。

 

顔汗はどうして出る?

顔汗が出る原因は主に3つあります。それが会議や仕事中など極度のストレスが原因の場合である精神性発汗、激しい運動をした後や暑いときなど、体の体温が上がったりなど温熱性発汗、からいものや酸っぱいものを食べたときになどに出る味覚性発汗の場合です。

 

 

これら3つの症状については、別記事にもまとめていますので、そちらもぜひご覧くださいね。

 

 

 

主にこの3つが原因で顔汗は出ますが、それ以外にも更年期障害のホットフラッシュなども原因の一つに挙げられます。

 

 

ホットフラッシュの場合は、更年期障害が原因ですので、更年期障害の治療を行う必要があります。

 

 

ホットフラッシュについてまとめた記事は以下にありますので、以下のリンク先の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

 

多汗症の可能性もある?

運動をしたり、夏の暑さで汗をかくのは人間の生理的な現象ですが、この生理的現象の範囲を明らかに超えて多くの汗をかいてしまう場合は、多汗症という症状を疑いましょう。

 

 

多汗症は運動や夏の暑さや緊張、ストレスなどの要因がないのにも関わらずてのひらなどに大量の汗をかいてしまいます。

 

 

多汗症は原因となる病気が他に隠れていたりなどがあったりすると、その病気をまずは直さなければならないので、人によって治療方法が変わってきます。

 

 

また一口に多汗症といっても全身性多汗症と局所多汗症と2種類あります。ある一部分に尋常ではない汗が出でるけれど、他の場所はなんともなく、いたって普通という場合でも多汗症の可能性は捨てきれません。

 

 

なので自分の汗の量が明らかにおかしいと感じた場合、まずは病院で受診するということが重要になります。

 

 

あまりにもひどいときは専門医に相談しよう

 

人に比べて少し汗が出やすいという程度なら、汗対策グッズや制汗剤などで対策できますが、あまりにもひどい場合は我慢せずに専門医に相談することが大事です。

 

 

多汗症の場合は主に皮膚科で見てもらえることが多いですが、ちょっと恥ずかしいという人は総合病院に行ってしまうのがおすすめです。

 

 

多汗症の場合はしっかりした治療を行う事で、汗の量を抑えられる可能性がたかくなりますので、ぜひ受診してみてくださいね。