顔汗の悩み

更年期のホットフラッシュを知り、対策を立てよう!

更年期障害になると汗が増えるといわれています。これはホットフラッシュと呼ばれるもので、更年期障害による女性ホルモンの減少がかかわっています。

 

 

ではホットフラッシュを少しでも軽減して、顔汗を対策するための方法はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

この記事では更年期障害による顔汗を少なくする方法についてご紹介します。

 

ホットフラッシュって何?

ホットフラッシュとは、女性の更年期障害で現れる症状の一つで、特に気温が高いわけでもないのに体がほてったり、のぼせたりしてしまい、尋常ではない汗が出てしまう状態です。

 

 

急に体が熱くなりだして、脈拍が上がり、顔から汗が吹き出し、頭やおでこに広がり、さらに胸のあたりまで広がります。主に上半身に汗が出る場合が多いですが、中には全身ひどい汗に悩まされる場合もあります。

 

 

症状は人によって軽度であったり、重度で合ったりと様々です。

 

 

汗の出方に関しても、通常2~5分と短い時間でブワーっと汗が噴き出すのですが、短い時間で収まることが多いですが、ひどい更年期障害に悩まされている人だと、これが30分くらいの長い時間汗が止まらないということもあります。

 

 

ホットフラッシュはコレが原因

ホットフラッシュはどうしておこるのか、それは更年期障害による女性ホルモンの減少といわれています。

 

 

女性は閉経するにしたがって、女性ホルモンであるエストロゲンという体内物質が減少していきます。これは女性の卵巣の機能が低下するためにおこります。

 

 

この現象に体の変化が追い付かないことで自律神経が乱れてしまうためにおこるのが更年期障害といわれています。

 

 

つまりホットフラッシュの原因は、閉経に向かうためにおこる女性ホルモンの減少が原因ということですね。

 

 

ホットフラッシュ対策におすすめの方法

 

ホットフラッシュ対策におすすめな方法として以下の3点があげられます。

 

その1 ホルモン治療

 

一昔前に比べて更年期障害はだいぶ周知されるようになり、専門病院も増えてきました。更年期障害の治療法で代表的なのが、ホルモン補充治療などです。

 

 

更年期障害がひどい場合は、我慢しないで専門の医療機関に相談してみましょう。

 

 

その2 食生活に注意する

 

特に塩辛いものやカフェインは血管を収縮させるので、血圧が上がりやすくなります。そうするとホットフラッシュの症状であるのぼせやほてりが出やすくなってしまいます。

 

 

またたばこなども血管を収縮させてしまうので、禁煙することをおすすめします。

 

 

その3 吸水性の良いハンカチやタオルを持つ

 

吸水性の良いハンカチやタオルなどの汗を抑える効果がある物を携帯するようにしましょう。またデオドラント効果のあるスプレーや制汗剤などの使用も効果的です。

 

 

特に制汗剤は私自身も利用していますが、ここ近年は使いやすい制汗剤も増えてきましたし、ホットフラッシュの特徴でもある「顔汗」専用の制汗剤も発売されているので、そういうものを使うのもおすすめですよ。

 

 

このサイトでは制汗剤が欲しいという方に向けたおすすめの制汗剤を紹介する記事もありますので、気になっているという人はぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

その3 更年期に効果的なツボを押す

 

ホットフラッシュを抑えるツボがあるのをご存知ですか?

 

そのツボというのが合谷(ごうこく)という親指と人差し指の先にある骨の付け根です。詳しいサイトを見つけましたので、参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ホットフラッシュを知り対策を立てよう!

 

ホットフラッシュは更年期障害を知ることで対策を立てられます。

 

 

ぜひ上記での方法を試して、更年期障害を軽減させくださいね。