顔汗の悩み

顔汗対策に運動をしよう!

顔汗を対策するのには運動が一番効果的です。

 

 

運動不足では顔汗の原因になるばかりではなく、健康的でいい汗もかけなくなってしまうので、いつまで経っても汗の悩みは解決しません。

 

 

そこでこの記事では、健康的な良い汗のかきかたをご紹介します。

 

汗には良い汗と悪い汗がある!

 

汗には良い汗と悪い汗があるというのは、結構知られています。良い汗というのは、暑いときに出たり、運動をしたときに出たりする人間の生理的現象で起こる汗で、無味無臭の小粒でサラサラした汗です。かくとすっきりするのが特徴です。

 

 

一方悪い汗というのは、普段汗腺が衰えていて汗を出したくてもなかなか上手に出すことができない汗です。

 

 

具体的にはベタベタしていて、大粒で、しょっぱくて臭く、かくことでぐったりしてしまう特徴があります。

 

 

よく太った人が黒色のシャツを着ていたりして、汗をかくとシャツが白くなっていたりしますよね。

 

 

あれも悪い汗で、大量の塩分が汗と一緒に流れてしまっている証拠です。

 

 

運動不足は悪い汗の原因

 

悪い汗はどうしてかくのでしょうか?それは運動不足が関係しています。

 

 

運動不足になると汗腺の機能が低下してしまいます。汗腺の機能が低下することで、適切な時に適切な量の汗をかけなくなるのが原因です。

 

 

だからこそ運動の習慣を身に着けることが、良い汗をかくための最大の解決策といえるでしょう。

 

 

運動後はミネラル補給も忘れずに

 

運動習慣のない人が運動を始めると最初のうちは、大粒の悪い汗が一気に出てきます。

 

 

大粒の汗を一気にかくと、体内にあるミネラルも一緒に出て行ってしまうので、運動をしながら水分も補給するようにしましょう。

 

 

もちろんこれは運動習慣のない人だけでなく、運動をする人全員に言えることです。

 

 

特にこれからの暑い夏は、熱中症にもなりやすくなるので、水分補給はこまめにするようにしましょう。

 

 

運動以外にも理由がある?

 

もちろん運動以外にも理由がある場合があります。その大きな理由の一つが不規則な食生活や睡眠不足など生活習慣にあります。

 

 

食事も栄養バランスが悪い食生活ではなく、ビタミンやミネラルなどが豊富な野菜や魚を中心とした健康的な食事がおすすめです。

 

 

やはり悪い汗をかくということは、普段の生活の積み重ねが大きいというのもあります。

 

 

もちろんですが、運動不足だけが顔汗の原因につながるわけではありません。顔汗の原因はいろいろあります。

 

 

以下の記事では顔汗の原因だけではなく、対策についてもご紹介していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

 

良い汗は結果的に顔汗対策になる!

 

 

汗は脳の温度が高くなることで出ますので、悪い汗をかいていると体にある汗腺からまんべんなく汗を出すことが出来なくなってしまいます。

 

 

なので、悪い汗ばかりかいていると汗腺が機能せず、一番脳に近い顔に汗をかきやすくなります。

 

 

悪い汗を良い汗に変えるには汗腺を鍛える必要があり、一番有効なのが、運動になります。

 

 

ぜひ運動不足を解消して、良い汗をかき、顔汗の悩みを吹き飛ばしてしまいましょう。