顔汗の悩み

辛いものを食べると顔汗が止まらなくなる理由

唐辛子などの辛いものを食べると汗が滝のように噴き出てくるという人は多いと思います。

 

 

しかも不思議なことに同じ汗でも顔汗が一番よく出てきます。どうして人は辛いものを食べると顔汗が噴き出るのでしょうか?

 

味覚性発汗について

 

辛い物を食べると滝のように汗が噴き出すあの現象を、味覚性発汗といいます。

 

 

味覚性発汗とは文字通り、辛いものを食べたときに頭や顔から汗がでてくる現象のことを言います。

 

 

実はこの現象は暑さや運動をしたときに体が熱を下げようとする温熱性発汗と、緊張や恐怖などのストレスにさらされたときに脳の前頭葉が刺激されて発汗する精神性発汗とは違い、どうして汗が噴き出るのか詳しいことが分かっていません。

 

 

ひとつの説に辛いものを食べたときに口の中が刺激を受けることで、脳が体温が上がったと勘違いして「汗をかいて体温を下げなさい。」と命令を出すから発汗するという説もあります。

 

 

味覚性発汗が出やすい食べ物とは?

 

 

どういう食品を食べると味覚性発汗が出やすいのでしょうか。

 

 

まず主に上げられるのが、キムチや唐辛子、ワサビやタバスコなどの辛い物です。

 

 

さらにレモンなどに代表される酸っぱい食べ物も食べ過ぎると汗が噴き出してきます。そのほかお肉類を食べることでも汗が噴き出してきます。

 

 

さらに熱いものを食べると体の温度が上昇しますので、余計に汗が出やすくなります。

 

 

とはいえ辛い物を食べ続ければ慣れるものなのか?という実はそれも詳しいことが分かっていません。

 

 

だから顔汗を出したくないけれど、辛い物が大好きで辛い物を食べるのを我慢するのはいやだから日頃から辛い物を食べて慣れておけばいいんじゃない?というと一概にそうでもなかったりします。

 

 

辛い物や酸っぱい物を食べることで出る汗の量には個人差があります。

 

 

ある人は辛い物や酸っぱい物を少し食べただけで一気に汗が噴き出してきますが、別の人は全然汗が出ないということもあります。

 

 

ちなみに辛い物や酸っぱい物を少し食べただけで汗が噴き出してくるという人は、辛い物や酸っぱい物があまり得意ではないという傾向があるようです。

 

 

味覚性発汗で汗が出やすい場所は顔だった!

 

味覚性発汗は特に顔と額と鼻に大量の汗をかくのが特徴です。

 

 

ですので、顔汗を確実に止めたいときには、辛い物や酸っぱい物やお肉類を食べるのは避けた方が無難です。

 

 

また熱いものを食べるのも避けた方が良いでしょう。

 

 

顔汗を抑えたいときは辛いものは厳禁です。

 

 

普段から辛い物や酸っぱい物を食べても汗が出ないという人は大丈夫ですが、そうではないという人は顔汗を抑えたいというときは、辛い物や酸っぱい物は食べない方がいいでしょう。

 

 

特に女性の場合は顔汗をかいているとあまり清潔な印象を持たれないことが多いです。

 

 

また汗には味覚性発汗以外にも温熱性発汗や精神性発汗などがあります。

 

 

温熱性発汗や精神性発汗については、以下の記事でまとめていますので、そちらの記事も読んでみてくださいね。