顔汗の悩み

多汗症におすすめの食べ物

多汗症を治すのには病院に行ったり、セルフケアをしたり、いろいろな方法がありますが、この記事では多汗症におすすめの食べ物を紹介したいと思います。

 

 

顔汗がひどくてもしかしたら多汗症が原因かも・・・と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

多汗症におすすめの食べ物

 

多汗症は自律神経失調症が原因の場合が多いので、いきなり医学的な治療をするよりもまずは食物の力を借りて、ゆっくり治していくのがおすすめです。

 

 

具体的には、緑茶成分・シナモン・ナツメ・セージなどがおすすめです。

 

 

特に緑茶成分には発がん抑制作用や血中コレステロールの低下作用に効果的なカテキンや利尿作用や眠気覚ましにも効果的なカフェイン、糖質の代謝を調整してくれる機能があるビタミンB群、ストレスを発散して抵抗力を高めてくれるビタミンC、抗酸化抑制作用のあるビタミンE、血管壁を強くしてくれるフラボノイドなど、自律神経だけではなく、健康に欠かせない成分がたくさん含まれています。

 

 

そのほかにも天然のハーブや生薬もおすすめです。

 

 

例えばチョウセンニンジン(高麗人参)は自律神経のバランスを正してくれる効果も期待できます。

 

 

ハーブですとメリロート・セイヨウカノコソウ・クチナシなどは自律神経のバランスを正してくれるのに良いとされる植物です。

 

 

自律神経のバランスを正すのがカギ

 

特に顔汗がひどい場合の多汗症は、局所性多汗症のため自律神経の乱れが原因のひとつと考えられます。

 

 

ですので自律神経のバランスを整えるための施策をまずはしてみてください。

 

 

先述した食べ物の力を借りると同時に、ストレスをためない生活を心がけるために働きすぎていたら休みを取ったり、しっかり睡眠をとったり、趣味などを楽しんで適度に息抜きをしたりといったことも重要です。

 

 

自律神経のバランスを保つためには規則正しい生活も重要ですし、栄養バランスの摂れた食生活も大事です。

 

 

特に脂っこいものやお菓子やファーストフードなどのいわゆるジャンクフードと呼ばれるものばかりを食べすぎるのはよくありません。

 

 

多汗症と自律神経の関係については、以下の記事でもまとめていますので、ご参照くださいね。

 

 

 

まずは自律神経の乱れを治そう!

 

自律神経の乱れが原因の多汗症の場合は、自律神経が乱れてしまう原因となる生活リズムやストレスを改善していくことが大事です。

 

 

しかし全部の多汗症が自律神経の乱れが原因というわけでもありません。もしかしたら別の病気が多汗症の裏に隠れている場合もありますので、そのような場合は病院に行くことが大事です。